Re-think 廃材展とは?

東京から生まれる廃棄物を活用してアート作品や家具を作る活動です。アーティストやクリエイターの視点からゴミの創造性と可能性を探り、これからの未来を作っていく人々にインスピレーションを得ることを目的としたアート活動です。

今年5月に開催されたSusHi Tech 2024での屋外アート展示企画として始まり、今やその活動は継続していく長期活動を目指しています。

SusHi Tech 2024での屋外アート展示では全長2.6kmの広大なお台場プロムナード公園に10名の作家による廃材作品を展示されました。その中から選ばれた作品が当会場で展示されています。

不要なものも新しい視点で見ると、次の創造の原点になるのではないだろうか?

持続可能な社会ってなんだろう?2050年と言う未来を想像してみよう。26年後の未来には、あなたの身の回りのほとんどの物は、ゴミとなり、一新されているのではないでしょうか?持続可能な未来を生み出す発明や発展の原点がゴミであったなら、また違った未来が見えてくるのかも知れません。

イベント情報

Sustainableなアートを目指して

「Re-think廃材」はアートの力でゴミに新たな命と価値を吹き込み、更にその作品を当たらな持ち主の手元へ届けることまでを最終ゴールするSustainability アートプロジェクトです。

ART STORE

アーティスト&クリエーター

Re-think廃材のアートや家具を手がける才能豊かなアーティスト&クリエイターをご紹介します。

アーティスト紹介

Rethink廃材は、私たちのコミュニティの支援によって実現されています。

1 6